県連からのお知らせ  ※掲載依頼はこちらをご覧ください。 | サービス一覧に戻る |

  このコーナーは、県連事務局からのお知らせと役員からのメッセージ、また連盟、支部、会員の方が受けた表彰等を
  掲載していきます。  ※所属は受賞(章)時のもの                                                         


Motiv社製造のJackal及びJackal Carnageに関するボール検査合格証の
 交換対応期間延長について

 ≪11/18報≫
 Motiv社製造のJackal及びJackal Carnageに関するボール検査合格証の交換対応手続について、
JBCより連絡がありましたのでお知らせします。関係者は確認の上対応してください。

 Jackal及びJackal Carnageに関するボール検査合格証の交換対応期間延長について
 ボール検査合格証の交換対応手続き(別紙)2016.11.18更新版
| トップへ |

使用ボール登録書の記入方法変更について

 JBC主催大会において、5月1日より使用ボール登録証の有効期限について
 「ボール検査合格証の有効期限開始日を記入」に変更となりましたので
 対応をお願い致します。

     主催大会における使用ボール登録証の記入方法について

| トップへ |

ボール検査合格証記入方法の変更について

 ボール検査合格証の記入方法についてJBC通知があり、平成28年5月1日より別紙の
 とおり変更いたします。
 
 公認ボール検査員は、変更内容を確認の上対応をお願い致します。

     JBCボール検査合格証の記入について
     ボール検査合格証記入例

| トップへ |

JBC主催大会における使用ボールの登録について

 平成28年度からJBC主催大会における使用ボールの登録並びにボール再検査での
 未登録ボール持ち込みへの対応が変更になります。

     JBC通知

| トップへ |

Motiv社製造のJackal及びJackal Carnageの認証取り消しについて

 ≪6/9付、続々報≫
 Jackal 、Jackal Carnageボール検査合格証の補償・交換対応について
 JBCよりボール検査合格証の補償・交換対応の連絡がありました。対象ボールを
 お持ちの方は確認の上対応してください。

     Motiv社製造のJackal 及び Jackal Carnageに関するボール検査合格証の
     補償・交換対応手続について



 ≪4/21付、続報≫

 Jackal 、Jackal Carnage交換プログラムについて
 4/21、株式会社アメリカンボウリングサービスのサイトにて、Jackal、Jackal Carnage
 交換プログラムが掲載されました。
 対象ボールをお持ちの会員は、内容を確認の上登録をお願い致します。




 ≪3/25付、続報≫

     4月1日以降の公認競技での取扱いについて



 JBCより指示有り、Motiv社製造のボールJackal及びJackal Carnageが認定ボールから
 外され、公認競技(特例で3/31迄使用可)では使用不可となりました。

 該当ボールを所有されている会員は取扱いに注意してください。

     JBC通知(Jackal及びJackal Carnageの認証取り消しについて)

     JBCサイト
| トップへ |



 メッセージ  「新年のあいさつ」                       | 印刷(pdf) |
  平成28年1月6日
  岩手県ボウリング連盟会長  吉田几生
「東日本大震災復興の架け橋」のスローガンのもと、希望郷いわて国体が開催
される平成28年、新しい年を迎えました。

ボウリング競技に参加する全国各地からの選手、監督、役員の皆様を歓迎し、
日頃積み重ねた練習の成果を遺憾なく発揮されますよう、会員一同気持ちを
引き締めて大会運営の任にあたります。

顧みますと当県ボウリング連盟が昭和43年に創立され、2年後の昭和45年
第25回国民体育大会が岩手で開催されました。

いつの日かボウリング競技も国体に参加することを目標に、スポーツボウリングの
普及振興に邁進し、昭和62年第42回沖縄海邦国体に公開競技として参加した
時の感慨は忘れることができません。

希望郷いわて国体を機にお互いの交流と友情の輪を広げ、思い出の大会として
心に残ることを祈念いたします。

どうぞ各都道府県代表の座を勝ち得、お元気でお出で下さい。
お待ちしております。
| トップへ |

公益財団法人全日本ボウリング協会 「功労章」
 受 賞 根 田 光 朗 (岩手県ボウリング連盟副理事長)
 受賞日 平成27年3月12日
 主 催 公益財団法人全日本ボウリング協会
 受賞理由 ボウリング競技界発展に尽力した。

| トップへ |



服装規定をお知らせします

 各大会開催要項の注意事項にも掲載しておりますが、支部(クラブ)制定ユニフォームが
 着用できる大会を決め統一しておりますので確認をお願いいたします。

     服装規定
| トップへ |

褒賞授与制度が変更になりました

 平成27年4月1日より公益財団法人全日本ボウリング協会への褒賞申請方法が
 変わりました。それに伴い、岩手県ボウリング連盟への褒賞申請方法も変わります
 のでご注意ください。


     一般競技褒賞授与制度の見直しについて
| トップへ |

定款を改版しました

 岩手県ボウリング連盟の定款を改版しましたのでお知らせします。

     岩手県ボウリング連盟定款
      付 岩手県ボウリング連盟会員登録規定
         (公財)日本体育協会「スポーツ憲章」
| トップへ |

第42回東北総合体育大会ボウリング競技 岩手県代表選手紹介

 選考会をもとに、7月10日〜12日に開催される東北総合体育大会兼国民体育大会
 東北ブロック大会への岩手県代表選手が決まりましたのでお知らせします。


     第42回東北総合体育大会ボウリング競技 岩手県代表選手紹介
| トップへ |

第71回国民体育大会 平成27年度強化指定選手紹介

 第71回国民体育大会(希望郷いわて国体)に向けて、岩手県強化選手が決まりました
 のでお知らせします。


     第71回国民体育大会 平成27年度強化指定選手紹介
| トップへ |

「ボール検査合格証」と「ドリル証明証」の記入について

 全日本ボウリング協会認証部より、ボール検査合格証とドリル証明証の記入について
 指示が入っております。内容を確認し対応願います。


     JBCボール検査合格証の記入について
     ドリル証明書の記入について
     ボール検査合格証の流れ
| トップへ |

全日本ボウリング協会「感謝状贈呈」

 ビッグハウス・スーパーレーン様と盛岡スターレーン様に、公益財団法人全日本ボウリング
 協会からの感謝状を上野理事長より贈呈致しました。


盛岡スターレーン
 天野支配人様
(株)ベルプラス スポーツ部
 佐々木チーフ様
 
| トップへ |

「第70回国体ボウリング競技・都道府県大会参加申込書」を掲載

 平成27年度の国民体育大会,全国大会,東北大会,県民体育大会に参加される会員は
 参加申込書の提出をお願い致します。


     第70回国体ボウリング競技・都道府県大会参加申込書(pdf)

| トップへ |

「全日本ボウリング協会服装規則」変更のお知らせ

 平成27年4月1日より施行する公益財団法人全日本ボウリング協会の服装規定
 変更のお知らせです。


     服装規定20150401(pdf)

| トップへ |

「ボール検査合格証の記入について」変更のお知らせ

 県選手権でお知らせしましたボール検査合格証の記入について、変更のお知らせです。


     ボール検査合格証の記入について(pdf)

| トップへ |

岩手県ボウリング連盟創立40周年記念誌「ボウリングをこよなく愛して」

 岩手県ボウリング連盟創立40周年記念で作成しました記念誌「ボウリングをこよなく愛して」を
 掲載します。岩手県連のこれまでの歩みをご覧ください。


     ボウリングをこよなく愛して(pdf)

| トップへ |

東北地区ボウリング連合 「感謝状」
 受 賞 吉 田 几 生 (岩手県ボウリング連盟会長)
 受賞日 平成21年4月25日(東北選抜開会式上)
 主 催 東北地区ボウリング連合
 受賞理由 東北地区連合役員勇退に伴い、永年の功績を評価。

| トップへ |

東北総合体育大会 「大会功労者表彰」
 受 賞 吉 田 几 生 (岩手県ボウリング連盟会長)
 受賞日 平成20年8月22日
 主 催 東北体育協会連合会
 受賞理由 東北地区の体育・スポーツの振興に寄与した。
 <参 考> 吉田会長 東北総合体育大会功労者表彰受賞 [岩手県連HP]

| トップへ |

「平成20年度JBC公認第1種・第2種審判員昇格試験」 案内
 開催日 平成20年10月24日(金)〜26日(日)
 締切日 平成20年10月3日(金)厳守

 JBCより、1種・2種公認審判員昇格試験の案内が有りましたのでお知らせ致します。


     審判昇格試験要項(pdf)

| トップへ |

JBC通達 「JBCボール検査合格証の記入方法」

 JBCより、ボール検査合格証の記入に関して通達が有りましたのでお知らせ致します。


     ボール検査通達(pdf)

| トップへ |

財団法人 岩手県体育協会 「栄光賞」
 受 賞 藤 原 孝 至
 受賞日 平成19年9月21日
 主 催 財団法人 岩手県体育協会
 受賞理由 日本スポーツマスターズ2006広島大会 男子選手権者決定戦 優勝
 <参 考> 財団法人岩手県体育協会 

| トップへ |

財団法人 岩手県体育協会 「栄光賞」
 受 賞 木 村   聡
 受賞日 平成19年9月21日
 主 催 財団法人 岩手県体育協会
 受賞理由 第61回国民体育大会 ボウリング競技 個人戦 成年男子ハイミドルの部 優勝
 <参 考> 財団法人岩手県体育協会 

| トップへ |

財団法人 岩手県体育協会 「功労賞」
 受 賞 佐 藤 喜三郎 (岩手県ボウリング連盟参与)
 受賞日 平成19年7月7日
 主 催 財団法人 岩手県体育協会
 受賞理由 競技スポーツ振興発展に寄与
 <参 考> 佐藤喜三郎氏、功労賞を受賞 [岩手県連HP]

| トップへ |

盛岡市体育協会 「優秀選手賞」
 受 賞 大 平 洋 子 (いわて福祉サービス)
 受賞日 平成18年12月1日
 主 催 盛岡市体育協会
 受賞理由 第19回オールジャパンレディスボウリングトーナメントにて優秀な成績をあげた。
 <参 考> 第43回盛岡市スポーツ人の集い [盛岡市体育協会HP]
第19回オールジャパンレディストーナメント [岩手県連HP]

| トップへ |

第59回岩手日報 「体育賞」
 受 賞 木 村   聡 (全農クミックス)
 受賞日 平成18年11月3日
 主 催 岩手日報社
 受賞理由 第61回国民体育大会(のじぎく兵庫国体)ボウリング競技、成年男子年齢別個人戦で県勢初の優勝を成し遂げた。
 <参 考> 第59回岩手日報文化賞・体育賞 [岩手日報社]
のじぎく兵庫国体 ボウリング競技 [岩手県連HP]

| トップへ |

盛岡市体育協会 「優秀選手賞」
 受 賞 小笠原 由美子 、 丸 山 忠 夫 、 佐々木 和 夫
 受賞日 平成17年12月1日
 主 催 盛岡市体育協会
 受賞理由 小笠原選手は、第60回国民体育大会ボウリング競技にて優秀な成績をあげた。
丸山,佐々木選手は、全国大会に10回以上出場し活躍が認められた。
 <参 考> 盛岡市体育協会HP
第60回国民体育大会ボウリング競技 [岩手県連HP]

| トップへ |

雫石町民 「栄誉賞」
 受 賞 久 慈 順 子 (小岩井乳業)
 受賞日 平成17年11月12日
 主 催 雫石町
 受賞理由 世界的規模又は国内における全国規模のスポーツ競技会において顕著な成績を収めた。
 <参 考> 広報しずくいし [雫石町HP]
雫石町民栄誉賞受賞 [岩手県連HP]
町民栄誉賞受賞祝賀会 [岩手県連HP]

| トップへ |

文部科学省 「生涯スポーツ功労者表彰」
 受 賞 吉 田 几 生 (吉田会計事務所)
 受賞日 平成17年10月7日
 主 催 文部科学省
 受賞理由 昭和43年岩手県ボウリング連盟発足と同時に理事に選任され、以後スポーツボウリングの普及,組織の拡大,充実を図った。
 <参 考> 平成17年度生涯スポーツ功労者及び生涯スポーツ優良団体表彰について 
[文部科学省HP]
文部科学大臣表彰受賞 [岩手県連HP]
文部科学大臣表彰受賞祝賀会 [岩手県連HP]

| トップへ |

 メッセージ  「新年度の挨拶」
  平成17年6月5日
  岩手県ボウリング連盟会長  吉田几生

  2005年は国連の定める「スポーツと体育の国際年」です。
  そして第18回スポーツレクリエーション祭・スポレクいわて2005開催の年です。
  当県連盟が初めて開催する全国大会です。

  昨年来運営役員の研修会を重ね万全を期して大会に臨みますが、大会成功裡に向け
  会員の皆様のご協力をお願いします。

  総合型地域スポーツクラブも他団体との連携のもと、構想から創設に歩みを進め、
  ジュニア育成一貫指導システムと合わせて努力する必要があります。
  更なる競技力向上を図り、各種大会での選手の皆様のご健闘をお祈りするとともに、
  一層のご指導ご支援をお願い申し上げごあいさつといたします。


| トップへ |

 メッセージ  「新年度に向けて」
  平成16年4月4日
  岩手県ボウリング連盟会長  吉田几生

会員の皆様お元気でお過ごしのことと存じます。桜の開花も間近となりました。

平成16年度の初めに当たりごあいさつ申し上げます。

昨年度は久慈順子会員がアジアシニア選手権大会マスターズ準優勝、小野寺亮太会員が全日本中学選手権大会5位入賞、高橋絹子会員がオールジャパンレデーストーナメントシニアの部3位入賞等輝かしい成績を挙げましたが、静岡国体での活躍を阻まれました。

しかし昨年度は東和支部、当年度は滝沢支部の発足と組織は確実に拡充の道を辿っており今後の活躍が期待されます。
各会員とも今年度こその決意に燃えてそれぞれの課題に取り組み、日頃の練習に精進していると想います。
その成果を願って止みません。

競技力向上は当連盟の主たる目標ですが、JBCの基本方針である生涯スポーツ、健康スポーツとしてのボウリングの更なる発展を目指し、生涯にわたりスポーツを継続することが可能な環境づくり、一貫指導を目的とし地域に密着した総合地域スポーツクラブの発足に向けてスタートの年度でもあります。

次年度は第18回全国スポーツリクレーション祭(スポレクいわて2005)壮年ボウリング大会開催の年です。
皆様のご支援ご協力をお願いします。

| トップへ |

岩手県教育委員会 「教育表彰」
 受 賞 吉 田 几 生 (吉田会計事務所)
 受賞日 平成15年10月31日
 主 催 岩手県
 受賞理由 1968年の岩手県ボウリング連盟発足時から理事、理事長を歴任、94年から会長を務め、国体正式種目となってからは監督、役員として選手の育成に尽力。競技の普及と組織の充実に貢献した。
 <参 考> 県教育表彰受賞 [岩手県連HP]
県教育表彰受賞祝賀会 [岩手県連HP]

| トップへ |

財団法人 岩手県体育協会 「功労賞」
 受 賞 千 田 勝 郎 (岩手県ボウリング連盟参与)
 受賞日 平成13年
 主 催 財団法人 岩手県体育協会
 受賞理由 競技スポーツ振興発展に寄与

| トップへ |

財団法人 岩手県体育協会 「功労賞」
 受 賞 吉 田 几 生 (岩手県ボウリング連盟会長)
 受賞日 平成7年
 主 催 財団法人 岩手県体育協会
 受賞理由 競技スポーツ振興発展に寄与

| トップへ |